はじめまして! 日ごろ英会話の向上に励んでいますヒロと申します!
このブログでは英会話をマスターするために、どのようにネイティブスピーカーのようにしゃべれるかということについて話していきたいと思います。

私privateteacher.comという英会話講師の派遣の事業も行っております。
下記にprivateteacher.comのリンクを貼っておきます。 私自身も、カフェレッスンを行っておりますが、とにかく低料金で講師と濃密なレッスンが受けられる点でとても気に入っています。 是非気軽に立ち寄ってみて下さい!

http://www.privateteacher-lesson.com/

またオンライン英会話レッスンもあります。
日ごろ仕事など忙しく、英会話を学びたいのになかなか学ぶことが出来ない方にはうってつけです!
自宅で気軽に、ネイティブ外国人講師と英会話レッスンを受けることができ、料金も低額で、継続して英会話レッスンを受けられるので、英会話力もみるみる向上します!!

http://www.privateteacher-lesson.com/index2.html

メールマガジンも発行しています。 こちらは英会話上達についてかなり本格的に話しておりますので、ご興味があれば気軽に登録してみて下さい。

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 


またブログ人気ランキングにも掲載していますので、クリックして頂けると、ランキングが上がりますのでご協力お願い致します。

http://blog.with2.net/rank1931-0.html

新着記事はこの下に掲載していきます。

2010年02月08日

ネイティブ英会話のコツ14

こんばんわ。

昨日浅草に行ったときに他の写真も撮ったので紹介します。
浅草は隅田川も近くにあり散歩するのにはとても気持ちのよい場所です。
DVC00190.JPG

さて今日は英会話のリーディングについて紹介します。
実は私は会社で海外の論文を読む仕事をしています。
その論文を読むのに苦戦していますが、なぜかというとそれは論文自体に専門用語がたくさんあることです。
その専門用語(テクニカルタームといいますが)がでると、その単語を調べるのにもとても苦労しますし、そのため文章を読むスピードは非常に遅くなります。

昔はこの論文を読むのにとても苦戦していました。
しかし、読む時間を重ねるにつれてスピードは速くなってきました。

私が難しい文章を読む時に心がけていることは、とにかく辞書を使わないでその文章を繰り返し読むということです。
まず1回辞書を使わないで、文章の全体をつかむ感覚で読むようにします。
ただし最初は細かいところまでは、理解はできません。
とにかく繰り返して読むことが大事です。
2回目に読む時も辞書はほとんど使いません。
2回目に読む時のほうが、英語で文章を理解することが出来るようになり、リーディングの速度も早く読め、文章の理解力も上がってきます。

理解出来るまで3回、4回と読んでいって下さい。
3回目、4回目の時はどんどん辞書を使いましょう。

それにより似たような表現が出てきた時も、覚えるようになります。
私もだいぶ年をとり、覚える暗記力が衰えたのはたしかです(~_~;)
しかしこの方法で、似たような文章特に論文のような形式が決まっている文章を読んだ時は、すぐに文章が頭に思い浮かぶのです。

それぞれ自分にあったリーディング法はあるはずです。
是非私のリーディング法も参考にしてみて下さい。
posted by ヒロ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

ネイティブ英会話のコツ13

おはようございます。
今日は友達とロッククライミングに挑戦してきます。
初挑戦で、私自身高いところが苦手なのでどうなることやら…(~_~;)

記事を読む前に一度ポチっとクリックしてくれたら嬉しいです(*^_^*)
人気ブログランキングへ

さて、今日はネイティブ英会話のコツを紹介します。
前回まで英会話の上達にかかせないことは、インプット(英会話を聞き表現を覚えること)とアウトプット(覚えた表現を実際に話すこと)が大事だということを紹介しました。

実際に、インプットだけでは英語は全然しゃべれるようにはなりません。(この逆もしかりです。)
一番よい英会話の勉強方法は英語圏の国へ行くのが最良です。
留学をおすすめするのは、英語が聞き取れ、話すことができないといけない環境があるからです。
しかし、社会人になると長期で外国に滞在することなど出来ないということです。

そこで日本にいながら英会話をマスターする…
それはなるべく英語に触れる機会を増やす、自分で日常からそのような環境に変えていくとこが大事です。
たとえば、海外のお気に入りのテレビ番組やラジオ番組を作り、例えば有名なシットコムならフレンズなどがありますね、それを毎日見ることです。
また、辞書を英英辞典にしてみたりですとか、英字新聞を毎日読むようにするですとか、やり方はいろいろあります。
これで恐らくインプットの部分はだいぶ勉強でくるはずです。

それともう一つ大事であるのはアウトプットの部分です。
これについての一番よい方法は外国人の友達をつくることです。
もしくは英会話スクールに行くのもよいかもしれません。
ここでのポイントは、英語が奇麗な外国人の友達、もしくは講師を見つけて仲良くなることです。
仲良くなればその人の表現を少しでも真似したいですとか、似たような表現を使う傾向になるからです。

あとはとにかく話すことです。
自分の使いたい表現を覚えて、それを使ってみる。
恐らく間違っている表現ですと、その仲良くなった外国人もどこが間違っているのか教えてくれるはずです。

上で紹介している、プライベートティーチャー英会話のカフェレッスンやオンラインレッスンも英会話のアウトプットにはもってこいです。
これらのレッスンの特徴は料金が低額で、英会話講師とも仲良くなれることです。
みなさんも機会があれば是非挑戦してみて下さい。
posted by ヒロ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

ネイティブ英会話のコツ12

こんばんわ。

今日は家で久しぶりにゆっくり過ごして、時々行くパチンコに行ってきました。
結果は20,000円の勝利でお財布はとても暖かくなりました(^−^)

今日は他のブログでも記事になっていましたが、男女間で英会話の表現方法は違いについて話してみたいと思います。
前回には国の違いによる英会話の違いについては話してきました。
確かに国によって英会話の発音などは大きく異なります。
皆さんは男女の間で英語の使い方の表現に違いはあると思いますか?
私はあると思っています。

以前一度だけ英会話レッスンを受けている際に、男女の間に話す英語の違いはあるか、講師に聞いてみたことがありました。
その時は、講師は男女の間で話す英語の違いはないと答えました。

確かに日本語では男女の間では違いは見られますね。
そうかしら…という表現を男性が使ったら、なにかおかしい気分になります(~_~;)
フランスでも男性の使うフランス語と女性の使う単語はまったく違う単語を用います。

さて英語についてですが、日本語やフランス語のように男性と女性で違う表現というものはございません。
しかしよく聞いてみると確かになにか表現の仕方に違いがあるのかなという感じはしてきます。
実際の調査などを見たわけではないですが、私自身の意見としては、女性はより簡単な表現を用いて話す量も豊富です。
比べて男性は少し難しい表現や単語を使い、話す量は女性と比べて少ないといった印象です。

このことは社会全体が男性はより社会にでて複雑な構造の社会生活をしなければならないため、難しい表現を使いますが、女性はより横のコミュニケーションを大事にする傾向があるといったことではないでしょうか。

英会話の上達へは近道は、とにかく話すことにあります。
そういった意味では女性のほうが、英会話の上達は早い傾向が見られますね。
男性も女性のよく話す点を見習いまして、そこに何か英会話を上達させるキーがあるのではないでしょうか。

今日は少し堅苦しい話しになてしまいましたが、この辺で終わります。
posted by ヒロ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。